メイン

江畑 冬生 アーカイブ


2018年7月18日

講演会「シベリアの文化に触れてみる」  【江畑 冬生】

講演案内

10/27(土),鶴見大学での講演会「シベリアの文化に触れてみる」

「サハとトゥバの言語と文化」についてお話しします

2016年11月21日

世界の言語で読む Le Petit Prince  【江畑 冬生】

11/23(水),外語祭(東京外国語大学の学園祭)の企画 "世界の言語で読む Le Petit Prince" の中で,「世界の言語の多様性:「語」に含まれる情報に着目して」と題する講演をします!

http://lingdy.aacore.jp/jp/activity/-le-petit-prince111923-2.html

2016年3月20日

シベリア先住民の食卓: 食べものから見たシベリア先住民の暮らし  【江畑 冬生】

いくつかのシベリア先住民族の伝統知を,食文化の側面から紹介した本が出版されました.「シベリアは酷寒の不毛地帯じゃない!」ということが伝われば幸いです.江畑はサハ民族・トゥバ民族に関して,「馬」「羊」「乳製品」「干し草集め」の4つの記事を書きました.ヨーロッパロシアとも一味違う,シベリア少数民族の文化の一端が分かる一冊です.

永山ゆかり・長崎郁(編)『シベリア先住民の食卓: 食べものから見たシベリア先住民の暮らし』東海大学出版部

2014年3月21日

『水・雪・氷のフォークロア 北の人々の伝承世界』 刊行  【江畑 冬生】

勉誠出版より『水・雪・氷のフォークロア 北の人々の伝承世界』が出版されました.本書は,シベリアなど北方諸民族のさまざまな「民話」を,原語からダイレクトに日本語に訳したという点でユニークなものです.われわれにはあまりなじみのない北方の人々の,さまざまな世界観に触れることのできる1冊です.江畑の担当部分は第7章で,サハの伝承の紹介やサハの民話の翻訳などを行っています.なお表紙イラストもサハの友人が描いてくれました.

出版社による紹介ページ

 

フォークロア.jpg

2013年4月22日

サピアの言語観  【言語学】

金曜日の言語学演習では,エドワード・サピアの「言語」(1933年に百科事典の項目として公刊されたもの)を精読しています.その冒頭を拙訳(やや意訳)により紹介します.

---

 

言語運用能力と高度に秩序立てられた言語は,既知のどんな人間集団にも存在する特徴である.言語を持たない種族というのはこれまでに全く見つかっていない.この事実に反するいかなる言明も,単なる伝説の類として退けて良い.ある民族はあまりに語彙が貧弱なので,ジェスチャーを補助的に用いないとやりとりができない,だから,その集団のメンバー間において明瞭な伝達が暗闇ではできなくなる,という言明が時折なされる.これには一切根拠がない.この問題の真実は,言語とは既知のすべての民族に見られる表現・伝達のための本質的に完全な手段だ,ということだ.文化にもいろいろな側面があるが,言語こそが,高度に発達した形式で人が受容する最初のものであり,言語の本質的完全性は文化全体の発達に対し必須だ,という推測はあながち間違っていないだろう.

以下のような一般特性が,現存する言語にも死語にも,文字を持つものにも持たないものにも,すべての言語に該当する.第一に,言語とは本質的に,伝達しうる思考や感情の表現のための音声的記号の体系である.言い換えれば,言語における記号とは,高級哺乳動物の喉頭と結びついた発声的振る舞いとははっきり区別されるものなのである.単に理論上からは,言語構造に似た何かがジェスチャーや他の身体的振る舞いから発達しえたのかもしれない,と想像することはできる.人類の歴史のある発達的段階において,書記というものが音声言語のパターンに近付けた模倣として生じたのは事実だ.このことは,言語という純粋に道具的で論理的な装置が,分節化された音声の使用に必ずしも依存しているわけではないことを示す.にもかかわらず,実際の人間の歴史と人類学の豊かな知見が実にはっきりと示すのは,音声言語というものが他のすべての伝達的記号体系に優先することである.それらの記号体系は,音声言語に比べ,書記のように代替的であったり,発話に付随するジェスチャーのように極めて補助的だったりする.言語の分節に用いられる音声器官もまた,既知のすべての民族に共通する.すなわち,喉頭と微調節可能な2本の声帯,鼻,舌,硬口蓋と軟口蓋,歯,そして唇である.発話における元々の振動は喉頭に位置すると見なせるのだが,細かな音声的調音は主として舌の筋肉運動による.舌のそもそもの機能はもちろん音声の産出とは何の関係もないが,実際の発話においては,感情表現豊かな音声を我々が言語と呼ぶものに展開させるうえで不可欠なのだ.舌が不可欠であるのは,「言語」とか「ことば」を表す最も一般的な語の1つに「舌」があることからも分かる.かくして言語というものは,音声産出についてでさえも単純な生理的機能とは言えない.というのも,「音声器官」が働き始める前に,原始的な喉頭の振る舞いが舌・唇・鼻における加減により完全に分解されていたはずだからだ.ことによると,この「音声器官」の生理的運動が各所に分散した二次的なネットワークを形成している(かつ関係する器官の一次的機能とは対応しない)点が,言語が,直接的な身体表現から自分自身を自由にしえた理由なのかもしれない.

自己紹介 【江畑 冬生】  【言語学】

江畑冬生(えばたふゆき)です.専門は言語学です.


 言語学という分野について,その単純なネーミングの割には,実際に何を研究しているのか良く知られているわけではないようです.およそ言語に関する研究は何であっても言語学と呼びうるわけですが,言語学の究極の目標は,世界の諸言語の仕組みと働きを明らかにし,人間言語とは何かを考えることです.


 言語は我々にとってあまりに身近すぎるので,改めて客観的に考察することは容易ではありません.まず,言語は物ではないので,実際に手にとって調べるわけにはいきません.そこで,人間の言語活動を観察することになります.人は,意思を直接相手に伝えるのではなく,言語を手段として伝達を行います.この時,物理的には音声が用いられます.音声が対話者の耳に入り,意味として理解されたときにはじめて,伝達が成立します.発した瞬間に消えてしまう「音声」と,客観的に捉える事が難しい「意味」.言語学では,この一種つかみどころのない音声と意味をなんとか科学的に解明しようと,もがいてきました.その成果は「文法」と呼ばれたりもします.


 ひとくちに言語学と言ってもいろいろのアプローチがありますが,私が主として行っているのは,記述言語学や言語類型論と呼ばれる分野です.「正しい言葉づかい」を決めるのが言語学だ,という誤解がありますが,記述言語学の態度は真逆で,むしろ実際の言語使用を客観的に観察することでその背後にある法則性を導き出そうとするものです.世界の言語の数は,6,000とも8,000とも言われています.それら諸言語の構造を解明しながら,人間言語の多様性と普遍性を明らかにするのが言語類型論です.


 私は2000年以降,サハ語というシベリアの少数民族の言語の文法構造についての研究を行ってきました.サハ語の話者数は約45万人で,そのほとんどがロシア語とのバイリンガルです.サハの人々の顔つきはなんとなく日本人に似ていて,言語構造にも類似が見られます.はじめてシベリアを訪れる際,新潟空港からハバロフスクへ飛びました(これがはじめての海外でした).以降,毎年のように新潟空港を利用していましたが,このたび教員として新潟大学に勤めることになったのも縁ですね.


 ところで人間学のフロアには「言語学実験室」という部屋があります.この部屋には,言語と言語学に関する新旧・和洋の良書がたくさん収められています.先任の山崎幸雄先生,福田一雄先生,あるいはそのさらに前の先生方が収集・管理なさってきた貴重な財産です.これをちゃんと生かすのも私たちの使命ですね.一緒に言語学を盛り上げていきましょう.