2021年3月 5日

カントにおける法哲学  NiiPhiS

第40回 新潟哲学思想セミナー(NiiPhiS) 

カントにおける法哲学


講師 石田京子(慶應義塾大学)

日時 2021年3月4日(木)16:30~18:00
場所 新潟大学 五十嵐キャンパス 総合教育研究棟 F棟5階 人間学プロジェクト・スペース

カントにおける法哲学.jpg


◎ 登壇者プロフィール:石田京子(いしだ・きょうこ)慶應義塾大学文学部准教授。専門は、カントの法哲学。カント哲学体系の内部における法と道徳のつながりや、それがカントの法理解にどのような影響を与えるのかを中心に研究している。主要業績として、著書に『カント自律と法──理性批判から法哲学へ』(晃洋書房、2019年)、共著に『新・カント読本』(法政大学出版局、2018年)、『入門・倫理学の歴史──24人の思想家』(梓出版社、2016年)、共訳書に『自由の秩序──カントの法および国家の哲学』(ミネルヴァ書房、2013年)他。


◎ 新潟哲学思想セミナー(Niigata Philosophy Seminar:通称 NiiPhiS[ニーフィス])とは 
2009年に新潟大学を中心に立ちあがった公開セミナーです。新潟における知の交流の場となるよう、毎回、精力的にご活躍の講師をお招きして、哲学・思想にまつわる諸問題に積極的に取り組んでいきます。参加費、予約等は不要です。どなたでもご自由にご参加ください。

主催:新潟哲学思想セミナー
共催:新潟大学間主観的感性論研究推進センター/同 人間学研究交流費

お問い合せは阿部まで
f.abe_mail_image.php.png

→ポスターはこちら

2021年2月 9日

卒業論文発表会(口頭試問)  お知らせ

令和2年度の人間学分野・卒業論文発表会(口頭試問)を下記のようにおこないます。

  • 日時 令和3(2021)年2月9日(火)13:00~18:10
  • 実施形態 オンライン(Zoom)

    ※タイムテーブルはこちらです。
    ※※Zoomの情報は人間学の学生向けにメールで通知いたします。
  • 発表1件の時間は、学生による概要説明(5分以内)、主査・副査による口頭試問(15分)の計20分です。

  • 概要の作成・提出
    4年生は口頭試問の冒頭で発表する概要を作成し、主指導教員のチェックを受けた上で、2月7日(日)までに阿部までメールで提出してください。様式はA4サイズで1枚(1,200~1,400字程度)です。全員分をまとめて口頭試問前日にメールで配布します。

    口頭試問終了後、必要に応じて概要に修正を加え、最終版を2月19日(金)までに阿部までメールで提出してください。後日、人文学部のWebサイトで公開されます。

  • 卒業論文の製本版の提出
    人間学分野では卒業論文(製本版)をすべて保存しています。4年生は、すでにメールで連絡した要領に従い、製本版を作成・提出してください。提出先は人間学資料室に設置してあります。

  • この発表会は人間学の学生全員に開かれています。人間学分野の2・3年生は積極的に参加してください。

2021年1月 8日

第39回新潟哲学思想セミナーが開催されました  NiiPhiS

mLBGrFgr5qo40Jj1609315701_1609315790.jpg

第39新潟哲学思想セミナー(NiiPhiS)は、講師に早稲田大学の星野太先生をお招きし、「概念のアトリエ──ジャン゠フランソワ・リオタールの講義録から見るフランス現代思想」というテーマのもと開催されました。講演はタイトルにもある「アトリエ」という言葉についての解説から始まりました。リオタールは『漂流の思想』において、美学を「もっとも判別力のある批判的概念を鍛えるための仕事場」であると述べています。

リオタールは1954年に最初の著書『現象学』を出版した後、長らく社会主義運動(「社会主義か野蛮か」、「労働者の権力」)に身を捧げていました。次に著作を発表したのは1971年『言説、形象』です。政治運動を経て発表された『言説、形象』でリオタールが一貫して対象としていたのは「美学」でした。ここでしばしば言われるのは「政治」から「美学」への転向ということです。しかしリオタールにとっては両者が独立した分野として存在するのではなく、美学の問題は同時に政治の問題にほかなりませんでした。「判別力のある批判的概念を鍛えるための仕事場」としての美学と言ったとき背景にあるのは、リオタールの思想における政治から美学への「転向」ではなく、政治と美学が地続きになった領域であったと星野先生は主張されます。

1971年に『言説、形象』を発表して以降、リオタールは自身のキャリアにおいて「概念のアトリエとしての美学」を理論的な著作や展覧会といった実践的な形を通じて明らかにしていこうとします。『言説、形象』は哲学者としての最初の主著と言えます。リオタールを一躍有名にした『ポストモダンの条件』や『文の抗争』、さらには1985年にポンピドゥー・センターで行なわれた展覧会「非物質的なものたち(Les Immatériaux)」(以下「非物質」展)などもリオタールの主要な仕事として挙げられます。

149F6655-C36B-408F-8099-20C172B84E35.jpg星野先生は、続いて今日のリオタール研究について紹介してくださいました。日本語圏でのリオタール研究が進展しない一方、英語圏においてはリオタールの読み直しが盛んに行なわれています。例えば、加速主義の一種として、リオタールの『リビドー経済』をはじめとする著作が加速主義のプロトタイプとして読み直されているといった状況や、リオタールの「非物質」展についての論集(30 Years after Les Immatériaux, 2015の出版、さらには2019年に中国美術学院にて企画された、『ポスト・モダンの条件』の40周年を記念したシンポジウムなどがあります。

 次に、リオタールの『崇高の分析論──カント『判断力批判』についての講義録』(以下『崇高の分析論』)の紹介へと移ります。リオタールが80年代において最も力を入れていたプロジェクトの一つが、「崇高」の美学の再検討でした。なかでも『崇高の分析論』はリオタールの崇高論を最も包括的に扱った書物です。しかし、だからといって『崇高の分析論』においてリオタール独自の崇高論のアイデアが存分に込められているわけではない、という点に注意が必要であると星野先生はおっしゃいます。本書は書物というよりは、リオタールが80年代に行なったカント『判断力批判』の第23節から29節に相当する「崇高の分析論」の講義ノートと言った方が適切かもしれないとのことです。本書で採用されているのは、フランスの高等教育における伝統的な精読の作法「エクスプリカシオン・ド・テクスト(explication de texte)」と呼ばれているものです。それはリオタールが自身のアイデアを込めたり、関連資料を外部から持ち込んで読解するというのではなく、あくまで当のテクストに即してそのなかに説明を見出そうとする態度であると言えます。

リオタールを『ポスト・モダンの条件』の名のもとに知る読者にとって、近代(モダン)を代表する哲学者であるカントの名前が登場することに多少の驚きを覚えるかもしれません。しかし『文の抗争』や『熱狂──カントの歴史批判』といった80年代に発表されたリオタールの書物に通じていれば、そこでカントの名前が挙がることは妥当であると言えるでしょう。

 20世紀後半の「フランス現代思想」において、カントはもっとも盛んに論じられた哲学者の一人でした。リオタールだけではなく、同時代に活躍した、フーコー、ドゥルーズ、デリダといったフランスの哲学者たちもカントについての書物を残しています。では彼らはどのような視点からカントに取り組んだのか。それは、カント哲学の体系(建築術)を崩しうる「穴」はどこなのか、といった点から読み直されました。そのときに哲学者が焦点を定めたのが、『判断力批判』における「崇高なものの分析論」でした。

52242F09-77BA-453F-BA82-12952231F9EB.jpeg

次に 星野先生は、リオタールの崇高論の具体的な内容に話しを移されました。リオタールの崇高論を考える際にカントと並んで重要になるのが、エドマンド・バークの崇高論です。リオタールが自身の崇高論において「呈示しえないものの否定的呈示」と言うときには、カントの崇高論をモデルとしています。カントは純粋なる〈理念〉や無限の力、絶対的な大きさ、などを空間や時間において呈示することはできないと述べています。しかし、カントが「否定的呈示」と名付けるものによって、それらが呈示不可能である、というそのこと自体を間接的に「喚起する」ことはできます。いささか込み入った記述ですが、リオタールはこの「否定的呈示」のモデルを、自身の前衛芸術論において取り入れています。他方で、リオタールがアメリカの美術家バーネット・ニューマンの絵画を論じる際には、カントの否定的呈示の崇高論ではなく、バークの崇高論が採用されています。バークの崇高論は間接的な暗示ではなく、直接的な「呈示゠現前」に基づくものです。リオタールの崇高論には、「呈示しえないものの否定的呈示」(カント)と「呈示そのもの」(バーク)の二つのモデルが混在しているのです。こうしたリオタール独自の視点から展開された崇高論は、80年代の著作『子どもたちに語るポストモダン』や『非人間的なもの』において積極的に扱われています。

しかしこれらの書物が「リオタールの」崇高論であるのに対して、『崇高の分析論』は少し性格が異なります。『崇高の分析論』はリオタール独自の視点が前面的に打ち出された書物というよりも、リオタールによるカントの哲学の綿密な注釈書、つまり「エクスプリカシオン・ド・テクスト」〔゠精読〕としての側面が強い書物です。しかし、そういった性質の違いがあるにもかかわらず、『非人間的なもの』をはじめとする80年代の著作群で展開されているリオタール独自の崇高論と、カントの綿密な読解である『崇高の分析論』はしばしば同列に扱われてきました。前者では抽象表現主義や前衛芸術との関連で崇高を論じているのに対して、後者はカントのテクストに沿った読解であり、文脈や目指す方向がそもそも異なります。星野先生のご講演では、この点が強調されました。最後に、『非人間的なもの』におけるリオタール独自の崇高論の展開と、リオタールのカント読解、すなわちカントの概念がどのように翻訳され、リオタールの著作に反映されているのか、といった点についてそれぞれケーススタディが紹介されました。

 未だ「ポストモダン」という言葉との関連で語られることが多いリオタールについて、これまであまり紹介がなされてこなかったリオタールの哲学や、近年のリオタール研究の動向についてお話し頂き、大変貴重な時間となりました。最後になりますが、ご講演いただいた星野太先生に深く感謝申し上げ、第39回新潟哲学思想セミナーの報告とさせていただきます。

[文責=新潟大学現代社会文化研究科博士前期課程 長谷川祐輔]

 

]

2020年12月24日

概念のアトリエ──ジャン゠フランソワ・リオタールの講義録から見るフランス現代思想  NiiPhiS

第39回 新潟哲学思想セミナー(NiiPhiS) 

概念のアトリエ
ジャン=フランソワ・リオタールの講義録
から見るフランス現代思想

講師 星野 太(早稲田大学) 


日時 2020年12月24日(木) 17:00~18:30
場所 新潟大学 五十嵐キャンパス
   総合教育研究棟 D棟1階 大会議室【会場変更しました】(オンライン配信あり)

・参加無料 

・開催方法:Zoom ミーティング(事前登録必要)+ 対面

・事前登録先 

https://zoom.us/meeting/register/tJcpdOCgqTMrHtbYTSF-H7qGMSkGSJB_Im8G

・録音、録画はお控えください。

NiiPhiS39.jpg


◎ 登壇者プロフィール星野 太(ほしの・ふとし)1983年生まれ。美学、表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、早稲田大学社会科学総合学術院専任講師。著書に『崇高の修辞学』(月曜社、2017年)、共著に『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2013年)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践』(フィルムアート社、2018年)、『ことばを紡ぐための哲学』(白水社、2019年)、共訳書にカンタン・メイヤスー『有限性の後で』(人文書院、2016年)など。

◎ 新潟哲学思想セミナー(Niigata Philosophy Seminar:通称 NiiPhiS[ニーフィス])とは 
2009年に新潟大学を中心に立ちあがった公開セミナーです。新潟における知の交流の場となるよう、毎回、精力的にご活躍の講師をお招きして、哲学・思想にまつわる諸問題に積極的に取り組んでいきます。参加費不要です。どなたでもご自由にご参加ください。

主催:新潟哲学思想セミナー
共催:新潟大学間主観的感性論研究推進センター

お問い合せは宮﨑まで
mail2image.php のコピー.png

→ポスターはこちら

2020年12月13日

卒業論文研究計画書の提出について  お知らせ

心理・人間学プログラム人間学分野の3年生(来年度末卒業予定者)へ

人間学分野に所属する来年度末(2022年3月)卒業予定の学生は、1月12日までに卒業論文研究計画書を必ず提出してください。

この計画書は、卒業論文作成に向けた作業の第一歩となります。計画書には、下記の内容をA4用紙1~2枚を用いて的確かつ簡潔に書いてください。

提出された計画書にもとづいて来年度の卒論指導教員を決定します。指導教員の決定がなされないことには、卒業論文の単位も認められないことになりますので注意してください。

             記

1.研究の課題(題目)
2.論文の概要と今後の研究計画
3.使用文献、参考文献


提出期限 2021年1月12日(火)15:00
提出方法 メール添付
提出先  阿部研究室 f.abe@human.niigata-u.ac.jp
ファイル形式 PDF

                     以 上

2020年11月26日

第38回新潟哲学思想セミナーが開催されました。  NiiPhiS

第38回哲学思想セミナー(NiiPhiS)は、講師に京都大学の武田宙也先生と松本卓也先生をお招きし、本学からは阿部ふく子先生が登壇し、「小さなことのコレクティフ──ジャン・ウリ「制度を使う精神療法」を考える」というテーマのもと開催されました。

武田先生からは、フランスの精神分析家ジャン・ウリの思想において統合失調症者の創造行為がどのような意味を持つのか、またそれと関連するかたちで精神治療の場の構造についてお話しいただきました。

ウリによると、統合失調症者は自己と世界の境界をうまく画定することができず、自らが作り出す作品と自分自身を切り離すことができません。そのため、統合失調症者の創造行為においては、外的なオブジェクトと同時に自己に形を与えることが問題となります。この、自己の再構築と不可分な創造のプロセスをウリは「形態化」と呼び、統合失調症者の「生き延び」に必要不可欠なものであるとみなします。というのも、統合失調症者は何らかの要因によって自己という単一性が損なわれている、と考えるウリにとって、その創造行為によって形作られた作品は、欠損した彼らの単一性の代用物であるように思われるからです。このような作品は概して、生活の中にある雑多ながらくた(糸くずや布切れ、鏡の破片など)を収集しブリコラージュすることによって構築されます。武田先生によると、「ブリコラージュ」という語にレヴィ゠ストロースが与えた含みに着目するならば、ウリが統合失調症者の自己に持っていたイメージを次のように言い表すことができます。すなわち、統合失調症者の自己とは、ありあわせの雑多ながらくたを使いその時々の状況に応じて仮説的に構築されるものである、と。

スクリーンショット 2020-12-07 23.19.07.pngそのためウリは、精神病者の治療には彼らを取り巻く環境に働きかける必要があると考えました。その際、環境はできるだけ多くの差異化された要素によって構成されることが重要となります。なぜなら、ウリの考えでは、そうした多様な帯域を横断することによって患者は、複数の場所にリビードを充当させ、様々な人やモノと結びつき、一つの集合体、すなわち「コレクティフ」を形態化させるからです。

この集合体(コレクティフ)としての自己のイメージは、共同性の問題系にも開かれています。というのは、安定した自己に立脚して他者と関係するといったような共同性の支配的なモデルとは異なるものをコレクティフは想起させるからです。「他なる共同性」の具体例の一として、武田先生はフェルナン・ドゥリニィの「地図の実践」を提示します。地図の実践とは、自閉症の子どもたちとの共同生活において、一日の移動の軌跡を描くことで、特異な地図を作製する試みです。ドゥリニィは、子どもたちの軌跡にみられる特徴に着目することによって非言語的なしるしを導入し彼らとのコミュニケーションを構築しました。

松本先生からは、〈思想・臨床・政治〉のかたちが、1968年前後の世界規模での運動を経験する中でどのように変化したのか、いわば68年からポスト68年への〈思想・臨床・政治〉の変化の見取り図を、中井久夫、上野千鶴子、当事者研究といったトピックに即してお話していただきました。

松本先生によると、権力構造の非対称性に対抗する政治的運動が盛り上がりを見せた60年代後半、精神医療の領域においても医師―患者関係の是正をめぐって激しい運動が展開されました。そのさなかにあって、著書で医局制度を痛烈に批判したことでも知られる中井久夫は特異な位置を占めます。というのは、中井は最前線に患者を絶たせるような運動のあり方に批判的だったからです。中井はむしろ、運動後に病が悪化する患者を診る「翌日の医者」でした。運動に対するこのような距離の置き方や、単に医局を否定するのではなく、その有用性を巧みに利用する必要があるという趣旨の医局制度批判を展開させた中井の態度は、とりわけ統合失調症の治療の捉え方に見られます。中井の考えるところでは、患者の治療のために重要なのは、社会の多数派に患者を同一化させることではなく少数者として巧みに生きていくための方途を探ることでした。

松本先生は、こうした中井の姿勢と上野千鶴子の思想との類似性を指摘します。『生き延びるための思想』のなかで、死地に赴くテロリストの革命的な思想に対置させる形で、自身を「生き延びるための思想」に位置付ける上野は、万人に共通する普遍解という虚構をくずすことによって、マイノリティがマイノリティのまま尊重され、生き延びていくことを目指しました。そのためには、ゲームのルール(普遍解)に従うのではなく、個々人でバラバラのニーズを満たすためにゲームのルールを作りかえ続ける作業が必要となります。

次いで松本先生は、当事者研究の一例として「べてるの家」という場所での精神障害等を抱えた人々の活動を取り上げました。松本先生によると、障害者のニーズが当事者によって研究されるこの場所において特に重要なのは、研究が一人で行われるわけではないということです。というのも、この場合のニーズとはもともとあるものではなく、仲間たちとの関係のなかからダイナミックに生まれるものだからです。他者に開かれることによって自身のニーズを見出すことが可能となるという当事者研究の考えには、個体的なものでありながら集合的でもある自己というウリのコレクティフとの類似を指摘することができるでしょう。


スクリーンショット 2020-12-07 23.10.01.png阿部先生からは、実践とは何かという問いのもとで、実践と理論との関係の複雑さ、実践と理論を行き来するウリの身振り、また、ブルデューとウリの文章を比較することによって見えてくる実践と理論の閾についてお話していただきました。

この二つの領域のあいだを全くの断絶として考えるフランスの社会学者ピエール・ブルデューは、実践には理論に還元することのできないものが含まれていると述べています。実践を反省的に振り返るという行為は、実践の持つアクチュアルな面を縮減してしまうというわけです。実践を語りえないものと捉えるこのようなブルデューの実践感覚の純粋な境地においては、実践と理論とが結び付くことはありません。ウリの実践感覚はブルデューのそれと好対照をなすものです。というのも、実践の正当性について問われたウリは、それを、超越論的なものと経験的なものの領域のあいだ、すなわち実践と理論の閾の分節と接合にもとめるからです。また、ウリは実践と理論を単なる二項対立として捉えず、理論を実践に包摂させます。実践の中で理論化が試み続けられなければならないというのです。

このウリの実践感覚について、阿部先生はウリのとあるエピソードを取り上げます。それは「コレクティフ」の理論に関するものです。「コレクティフの弁証法的(dialectique)機能」という発表タイトルが「識別(diacritique)機能」と間違った状態で印刷された用紙を見たウリは、とある患者とのやり取りを回顧しながら、コレクティフには識別機能があることを認識します。つまりウリは偶然の誤植を契機にコレクティフの理論に変更を加えたのです。ウリにとっては、実践と理論の関係を考えるときに、実践の中での人々との偶然の関わり合いが非常に重要なものとなっていると言えるでしょう。

他者に開かれている場や自己としての「コレクティフ」の概念が様々な具体例のもとで明快なものとなり、非常に勉強になりました。最後になりますが、ご講演いただいた武田宙也先生、松本卓也先生、そして阿部ふく子先生に深く感謝申し上げ、第38回新潟思想哲学セミナーの報告とさせていただきます。

[文責=新潟大学現代社会文化研究科博士前期課程 髙橋 駿]

2020年11月20日

小さなことのコレクティフ──ジャン・ウリ「制度を使う精神療法」から考える  NiiPhiS

第38回 新潟哲学思想セミナー(NiiPhiS) 

小さなことのコレクティフ
ジャン・ウリ「制度を使う精神療法」から考える

武田宙也(京都大学)「コレクティフ」と創造行為
 松本卓也(京都大学)日本の精神医療と「コレクティフ」
 阿部ふく子(新潟大学)「コレクティフ」による実践哲学 

司会:宮﨑裕助(新潟大学)


日時 2020年11月20日(金)17:00~19:30

・参加無料 

・開催方法:Zoom ミーティング(事前登録必要)+ 対面(登壇者・司会者のみ)

事前登録先 https://zoom.us/meeting/register/tJAtf-yupjMoE9drmal_ageSuTQ0Tnv3tq7A

・録音、録画はお控えください。

NiiPhiS38.jpg


◎ 登壇者プロフィール:武田宙也(たけだ・ひろなり)1980年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は美学。著書に『フーコーの美学──生と芸術のあいだで』(人文書院、2014年)、訳書にジャン・ウリ『コレクティフ──サン・タンヌ病院におけるセミネール』(共訳、月曜社、2017年)他
松本卓也(まつもと・たくや)1983年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は精神病理学。著書に人はみな妄想する──ジャック・ラカンと鑑別診断の思想』(青土社、2015年)、『創造と狂気の歴史──プラトンからドゥルーズまで』(講談社メチエ、2019年)、『心の病気ってなんだろう』(平凡社、2020年)他
阿部ふく子(あべ・ふくこ)1981年生まれ。新潟大学人文学部准教授。専門は近代ドイツ哲学、哲学教育。著書に『思弁の律動──〈新たな啓蒙〉としてのヘーゲル思弁哲学』(知泉書館、2018年)、ヴァルター・イェシュケ『ヘーゲル・ハンドブック』(共訳、知泉書館、2016年)他。


◎ 新潟哲学思想セミナー(Niigata Philosophy Seminar:通称 NiiPhiS[ニーフィス])とは 
2009年に新潟大学を中心に立ちあがった公開セミナーです。新潟における知の交流の場となるよう、毎回、精力的にご活躍の講師をお招きして、哲学・思想にまつわる諸問題に積極的に取り組んでいきます。参加費不要です。どなたでもご自由にご参加ください。

主催:新潟哲学思想セミナー
共催:新潟大学間主観的感性論研究推進センター/同 人文学部研究交流費

お問い合せは宮﨑まで
mail2image.php のコピー.png

→ポスターはこちら

2020年9月13日

卒業論文中間発表会について  お知らせ

人間学分野・卒業論文中間発表会について

 本年度の人文学部心理・人間学主専攻プログラム人間学分野の卒業論文中間発表会は、下記の要領によりオンライン開催といたします。
 卒業論文を提出する予定の4年生は、主指導教員と相談の上、各自準備をよろしくお願いいたします。人間学2・3年生、人文学部1年生の見学参加も歓迎いたします。なお、本発表会は限定公開でおこないます。参加条件は、上記の学生および人間学教員のみとさせていただきます。

日程
1日目: 10月12日(月) 10:30-16:00
2日目: 10月14日(水) 10:30-14:20     ※両日とも途中休憩あり

当日のタイムテーブル
メールで配布

発表時間
1人20分程度(質疑応答含む)

Zoomミーティングへの参加方法
・人間学の学生および教員には10月初旬にメールでZoomの情報を告知いたします。参加申込は不要です。
・人文学部1年生で見学をご希望の方は、前日までに阿部宛てにメール連絡をください。必要な情報を折り返し連絡いたします。申込の際には、大学で配布されたメールアドレスから送信をお願いいたします。

欠席連絡について
就職活動等の理由でやむをえず欠席する場合は、必ず事前に指導教員および阿部まで連絡をしてください。発表レジュメは事前に提出していただきます。

以 上

担当:阿部ふく子
E-Mail:f.abe@human.niigata-u.ac.jp

2020年6月30日

卒業論文構想発表について  お知らせ

人間学専攻・卒業論文構想発表について


新年度人間学ガイダンス資料でもお知らせしました通り、本年度は卒業論文構想発表会を中止とします。代わりに下記の要領にて、卒業論文の構想を書面で提出していただき、共有することといたします。
本年度卒業論文を提出する予定のある4年生は、各自準備と提出をよろしくお願いいたします。

【提出要領】

・卒業論文の構想をレジュメ(A4×2 枚程度)にまとめてください。

・必ず指導教員と他1名の人間学教員からチェック・コメントを受けた上で、修正を施した完成版を提出してください。(他1名の教員については指導教員とも相談の上決めてください。)

提出期限:6月30日(火)17時

・提出先:阿部までメールにてお送りください。
 f.abe@human.niigata-u.ac.jp

・提出後、レジュメの紙媒体を人間学資料室にて保管するかたちで共有させていただくことをご了承くださいますようお願いいたします。(データを配布したり、webで公開することはありません。)

2020年4月 7日

サハ語文法: 統語的派生と言語類型論的特異性  江畑 冬生

サハ語文法: 統語的派生と言語類型論的特異性』(勉誠出版)を刊行いたしました!

 日本の真北にあたる東シベリアで話されているチュルク系言語であるサハ語。長年のフィールド調査による記述研究から、一見すると複雑なサハ語の形態音韻交替や形態統語法を言語研究一般へも資する形で整理する。統語的派生、二重対格使役文、非人称受動文などの言語類型論的な特異性にも注目。サハ語の初の記述研究書!

books-28049jpg.image.384x550[1].jpg

 

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3